福田円ゼミナール

ゼミ論文集

福田ゼミでは、1期生から3期生までは3年生でゼミ論文を仕上げ、4年生でそれらをまとめたゼミ論文集を製作しました。4期生からは、毎年リサーチペーパーを仕上げ、他の活動記録と共にゼミ論集をまとめています。このゼミ論集には、合宿などゼミ活動の思い出や後輩へのメッセージなども収録され、各学年の個性がよくあらわれています。

2014年度第1期生 ゼミ論文集

 

【目次】

はじめに(福田円)…4頁

 

浅川菜美:第一次教科書問題から見る歴史認識問題の始まり―対日批判キャンペーンの背景と日中関係への影響―…5頁

 

井田貴之:中国食品問題における中国国内および日本における影響と対応…27頁

 

岩佐隼:中国農村地域の現状と民衆―「烏坎モデル」を通してみる民衆の力―…56頁

 

神谷春香:現代中国におけるメディア―経済と多様化、規制―…71頁

 

下山連也:中国の海洋進出政策と尖閣諸島問題―日本との衝突は今後激化するのか―…87頁

 

田井陸希:中国の知的財産問題と国家間の知的財産権―TPPと今後の中国と世界の知的財産権―…100頁

 

長沼ゆかり:これからの中朝関係とその影響―中朝・互いの戦略的価値の変化―…100頁

 

野村彰吾:尖閣諸島領有権問題史―パワーバランスと領土問題―…116頁

 

前田夏希:なぜ共産党一党独裁体制は続いてきたのか―習近平政権と中国共産党一党体制の行方―…159頁

 

前田春菜:中国共産党のチベット統治―政策から見るチベット問題―…179頁

 

福田ゼミ活動記録(2013年度・2014年度)…197頁

 

合宿の思い出…206頁

 

福田ゼミの思い出・後輩へのメッセージ…218頁

 

2014年度第1期生ゼミ論文集
ゼミ論文集の本文にはパスワードがかかっており、基本的にはゼミ生およびOB/OGにのみ公開されています。
ゼミ論文集2014.pdf
PDFファイル 4.1 MB

2013年度第1期生 ゼミ論文集

 

【目次】

はじめに(福田円)………3頁

 

小田寛子:侯孝賢映画が映し出す「台湾」と「日本」―1980年代から2000年代まで………4頁

 

草野雄紀:南シナ海における中国の積極的な海洋進出………21頁

 

清水智之:国際社会における台湾の地位向上-台湾の国際機関参加と展望………39頁

 

須賀誠:パブリック・ディプロマシーと日中関係ーポップ・カルチャーを通じた日中関係改善の課題と展望………56頁

 

中里俊輝:日本の台湾統治における日本語教育………72頁

 

西野俊平:日中国交正常化における日本外交の選択―現状維持はなぜできなかったのか………81頁

 

疋田茜:台湾の国連加盟問題ー台湾の内部情勢から見る国連加盟運動頓挫の理由………94頁

 

ベヒョンジュン:台湾、朝鮮総督府の初期財政の比較ー日本の植民地統治能力………111頁

 

山本朱里:なぜ今毛沢東思想が注目されるのかー重慶モデルと習近平政権の政策からみる毛沢東回帰路線………123頁

 

就活エピソード・アドバイス………137頁

 

岡田・福田ゼミ活動実績………141頁

 

岡田・福田ゼミの思い出………147頁

 

2013年度第1期生ゼミ論文集
ゼミ論文集の本文にはパスワードがかかっており、基本的にはゼミ生およびOB/OGにのみ公開されています。
ゼミ論文集2013.pdf
PDFファイル 3.4 MB

 ©2013 Madoka Fukuda.